top of page

PROFILE  

( English below )

藤平真梨    

ダンサー / 振付・演出家

7歳よりクラシックバレエを始め、The Australian Conservatoire of Ballet 卒業。

帰国後、下村由理恵バレエアンサンブルに所属し年間多数の舞台に出演。篠原聖一、下村由理恵に師事。
2016年に退団後、コンテンポラリーダンサーとしてソロの活動を開始し、
国内外にて舞台、映像、ファッションショー等、幅広く活動を展開。

 

2017年
鉄工島フェス(寺田倉庫主催)  F.I.B JOURNALと共演 (BUCKLE KOBO)

SEZON ART GALLERYにて 藤崎了一個展 パフォーマンス出演 

TOKYO CANAL LINKS にて「音の余韻、身体の残像」演出、出演  (B&C HALL天王洲)
 

2018年
PRIMITIVE ART ORCHESTRA「AUTUMN LOVER」「GARDENIA」 MV出演

SAI DANCE COMPETITION EXHIBITION 出演 (彩の国芸術劇場)
 

2019年
DESIGN SETTA SANGO Promotion Event モデル兼ダンサーとして出演。 

RANDMARK PROGRAM 出演 (ノルウェー)

世界ダンスツアー15ヶ国にてパフォーマンス及びWSを行う。
 

2020年

ROTH BART BARON 「春の嵐」MV出演

チバリアフリーアートプロジェクト ダンス出演 

Asian Improv Festival in Chicago 映像出演
 

2021年
Seven Billion Dots「Nightmare」MV出演

東ちづる監督 「月夜のからくり渋谷の巻」ダンス出演,振付 (渋谷区文化総合センター伝承ホール)

オリンピックパラリンピック公式文化プログラム「mazekozeアイランドツアー」出演

2022年
アメリカシカゴ Bridge Dance Festival にて「crimson」演出、出演 (Links hall)


 

受賞歴:

SAI DANCE FESTIVAL COMPETITION 優秀作品賞 受賞 (ソロ部門 1位) 


自身が踊る以外にも「ダンサンブル」を創立し、ダンスの経験問わず多くの人が自己表現と非言語コミュニケーションを楽しむ場を展開中。
​舞台では総合演出・振付を手掛ける。   

ダンサンブルとして西武鉄道ダンスムービコンテスト ユニークムービー賞を受賞。
Dancénsemble HP :  
https://www.dancensemble.com/

Dancer`s Life Support.com  バレエ講習会のコンテンポラリーダンス講師、川崎市国際交流センターの親子向けWS、

東京自閉症協会主宰「みつけばルーム」でのダンスWSなど​、全国各地で講師としても活動中。

 

 


Mari Fujihira

dancer / choreographer / model / dance instructor  Based in Tokyo

 

She graduated from The Australian Conservatoire of Ballet and joined Yurie Shimomura Ballet Company in Tokyo.
After leaving the company , she started to work as a freelance contemporary dancer.
She has worked with many musicians such as: F.I.B JORNAL, PRIMITIVE ART ORCHESTRA, and 2 Drums.

 

She also danced in one of the biggest kimono events ”Kimono Salone” at Nihonbashi in 2017.
She has toured in Europe (Berlin, Brussels, Paris, Marseille, Venice, Lausanne, Bergen)
and Oceania, Australia, Indonesia, Malaysia, Sri Lanka, India, Laos, Vietnam and Thailand in 2019-2020.

She Performed at 
RANDMARK PROGRAM in Norway in 2019 and Bridge Dance Festival in Chicago in 2022.

 

She currently serves as the director and choreographer for her own dance company, ‘Dancénsemble’ established in 2017.
She prioritizes the diversity of people in this company and welcomes any dancers regardless of their age and background.

 

Awards include the SAI DANCE FESTIVAL COMPETITION 2018 1st prize of solo section
and Seibu Railway Dance Movie Competition Unique movie award (with Dancénsemble).

bottom of page