PROFILE  

(日本語 / English )

藤平真梨  

7歳よりクラシックバレエを始め、The Australian Conservatoire of Ballet に留学。

帰国後、下村由理恵バレエアンサンブルに所属し
Dance for Life公演、都民芸術バレエフェスティバル、いわきアリオス公演等、年間多数の舞台に出演。


退団後はソロの活動を開始し、鉄工島にてF.I.B JORNAL 、PRIMITIVE ART ORCHESTRA 、2 Drums とライブセッションを行う。

TOKYO CANAL LINKS にてパーカッショニスト永井朋生と「音の余韻、身体の残像」を発表。
セゾンアートギャラリーにて藤崎了一個展「Colored oil」にて身体パフォーマンスの展示。

 

その他、PRIMITIVE ART ORCHESTRA,  ROTH BART BARON   MV出演、
着物サローネ、ファッションイベントへの出演やモデル等、舞台の枠を超えて踊りの場を広げている。

 

2019年ヨーロッパダンスツアー(ドイツ、ベルギー、フランス、イタリア、スイス、ノルウェー)
2020年オセアニア、アジアダンスツアー(オーストラリア、インドネシア、マレーシア、ベトナム、インド、タイ、ラオス、スリランカ)

を通して世界中の人とダンスでの対話を行う。

 

Dancer`s Life Support.com バレエ講習会のコンテンポラリーダンス講師、川崎市国際交流センターの親子向けWS、

東京自閉症協会主宰「みつけばルーム」でのダンスWSなど​、全国各地で講師としても活動中。


「Dancénsemble ダンサンブル」を立ち上げ、老若男女経験問わず、多くの人が踊りでの表現を楽しむ場と舞台を作るべく活動を開始。
​舞台では総合演出・振付を手掛ける。  

Dancénsemble HP :  https://www.dancensemble.com/ 参加者大募集中。   


受賞歴

SAI DANCE FESTIVAL 2018 COMPETITION 優秀作品賞 受賞  (ソロ部門 1位) 

ダンサンブルとして西武鉄道ダンスムービコンテスト2018 ユニークムービー賞を受賞。
 

 

 


Mari Fujihira

dancer / choreographer / model / dance instructor  Based in Tokyo

 

She graduated from The Australian Conservatoire of Ballet and joined Yurie Shimomura Ballet Company in Tokyo.
After leaving the company , she started to work as a freelance dancer.
She has worked with many musicians such as: F.I.B JORNAL, PRIMITIVE ART ORCHESTRA, and 2 Drums.

 

She also danced in one of the biggest kimono events ”Kimono Salone” at Nihonbashi in 2017.
She has toured in Europe (Berlin, Brussels, Paris, Marseille, Venice, Lausanne, Bergen)
and Oceania, Australia, Indonesia, Malaysia, Sri Lanka, India, Laos, Vietnam and Thailand in 2019-2020.

 

She currently serves as the director and choreographer for her own dance company, ‘Dancénsemble’ established in 2017.
She prioritizes the diversity of people in this company and welcomes any dancers regardless of their age and background.

 

Awards include the SAI DANCE FESTIVAL COMPETITION 2018 1st prize of solo section
and Seibu Railway Dance Movie Competition Unique movie award (with Dancénsemble).